白鳥麗子@香港でございます!ヾ(  ̄▽)ゞオホホホホホ


父のお腹

昼間に母から電話があった。最近実家に顔を出してないのに不満に思ってるらしい。電話切る前に決まった文句で「お父さんがあなたの顔を見たいから、たまには帰ってきてね」と。ちょうど先日けいこさんの父の背中を読んで、自分も父について何か書こうと。(父の背中に父のお腹=語呂がいい)(*_*)

家族は私にとって薄い感覚しか持ってない。幼い頃家は商売をやってて、とても兄弟7人を面倒する時間がないせいで、私とちょうど上の兄は小1から寄宿することになった。寄宿の暮らしは「おしん」みたいと言ったら大げさだが、 決して楽しい暮らしではなかった。




中学に入ってから実家に戻ったが、兄弟と一緒に育ってないせいで、あまり家族っていう感じはしなかった。中3の時は家にいることを抵抗に感じ、2番目の姉うちに住むことに。この姉は10歳も違って、当時は結婚して子供2人。中学卒業して、そのまま姉の旦那さんの会社で働くことになった。その後は転職もしたり、一人暮らしすることになって、何年後は日本へ留学。

今振りかえてみると、実家で両親と暮らしたことはとても短い間しかなかった。そのせいで家族との縁が疎遠になったかも。その故、中国人世界の家族団欒は私にとっては理解できないし、たまには面倒臭いとも思ってた。家族集まりの時だって、自分がいることを違和感がして、勿論会話ないことはないけど、長く会話も続けられないのだ。

父は2年前脳卒中で倒れて、(もう高齢だから)長い入院生活をし、退院してからは一時老人ホームに入った。やっと、半年前家に戻ってきたけど、右半身はまだちょっと不自由。一人でなんとか歩けるが、片手が使えない。言葉もしゃべれない。

倒れて病院に運ばれたと連絡がきた時はすぐ病院に飛んで行って、意識まだ戻ってない時はさすがに肉親であって、涙が自然に流れてきて。。。悲しかった。最初は2・3日おきにお見舞いしに行ってたけど、だんだん周に一回、月に一回に変更。。。今はぜんぜん実家に顔を出してない。姉たちからもクレームの電話。「両親はもう高齢ですから、もうちょっと親孝行したら?」と。嘗て兄弟に冷たい人間と言われたこともある。

帰りたくないでもないが、毎回実家へ帰ったときは、「お父さん」だけ呼んで、会話終了。勿論こちらから話をかければ良いけど、そういうのが苦手で。ひとつだけ気が付いたが、あんなにデブだった父はいつの間にこんなに小さくなっただろうと。背の高い、いつも臨月と思われるようなお腹を抱えてる父は、小さい子供には巨人しか見えなかった。それも私唯一父への記憶しかなかった。年がけっこう離れてるせいで、まともな会話もしたことない気がする。それに、今父は病気で会話しようと思っても。。。毎回父の凹んだお腹を見るたびに、お父さん老けたなぁと。

決して親不孝のことはしたくないと思ってるし、両親に感謝する気持ちは持ってるつもり、だが、それをどうやって表現するのが分からない。それに、一般の家族みたいに馴れ馴れしくできなく、どうせここまできたし、その関係を直そうとしてない自分がいる。これを考えると夜が長くなってくる。。。

よかったらこちらにもクリックを( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪
[PR]
by rei6972 | 2004-10-23 01:30 | つぶやき | Comments(1)
Commented at 2004-10-23 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 亡命小巴      壽桃牌鮑魚麺 >>
某香港女性の雑記帳。2005年に香港から福岡へ嫁ぎ、その後旦那を連れて香港へ再出発。現在は昼間はOLで、夜は自宅で私房菜ことプライベートキチンを営業中!
by rei6972
検索
カテゴリ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル