路面電車(トラム)開通百周年
「叮叮」(ディンディン)と親しみを込めて香港人に呼ばれる路面電車(トラム)は、今年の夏に開通百周年を迎えた。

香港島の北岸をゆっくり東西に走る路面電車。香港ではこののりものを単に「電車」と呼ぶ。電車というコトバは日本と異なり、列車を指す語ではない。英語ではTram。スピードは遅いが、地下鉄のように長~いエスカレーターを使う必要もなく、手軽にヒョイッと乗れる電車は多くの香港市民と旅行者に愛されて今日も走る。(もっと知る。。。)

自分の生まれ場所は香港島の南区(Aberdeen)にある公団、小学校に上がったとたん、親が貯めたお金で新しい家を買った。一家を「西環」というエリアに引越し、ちょうどこのトラムの終点になる「堅尼地城」。家はトラムのターミナルのすぐ近くなので、引越しした最初の頃には、夜はこの「叮叮」の音は耳障りでなかなか熟睡できない。朝はまたこの音で起こされる。昔の家に戻りたいと親に泣きついたことも。

現在、両親はまだそこに住んでますが、たまに親孝行?顔を出しに実家に帰ったら、この「叮叮」という音が懐かしくなる。

先日、Amazonでいつものネットショッピングをやってる時に、ある本を見つけた。香港路面電車の旅―トラムには香港のすべてがみえる窓がある
b0013088_15443226.jpg

香港を中心に活動する写真家の永田幸子さんとライターの小柳淳さんが「トラムの良さと楽しさを伝えたい」とフォントエッセイを刊行した。香港人にとっても手元に置きたくなる一冊だ。

よかったらこちらにもクリックを( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪
[PR]
by rei6972 | 2004-09-17 13:27 | 日常茶飯
<< 香港に地震? とうとう納骨堂の予約。。。 >>


某香港女性の元雑記帳。現在は香港から引き払って日本へ嫁ぎ、新しいブログ【香港人在福岡】へ遊びに行って下さいね。(~o~)
by rei6972
検索
カテゴリ
プロフィル
白鳥豪邸
つぶやき
日常茶飯
白鳥小厨
玩在香港
人在海外
食べ歩き
 ☞香港編
 ☞福岡編
 ☞大分編
 ☞福島編
温泉巡り
健康ランド
白鳥大師
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧